ピアノを高く売る為に、必ずすべきことがあるのです。

今、真剣にピアノを処分することを考えている方に伝えたいことがあります。

高額なピアノです。少しでも高く売ることを考えているのではないでしょうか。そうならば、簡単に買い取り業者に任せてしまってはいけません。確かにピアノの処分を考えた場合、家からあの大きなピアノを運び出すだけでも大変です。処分したい人の中には、それだけでもう大変だから、買い取りなんて、と思っている人もいるようです。しかし、ピアノには価値があります。キズもなく、調律も良く、程度も良い、先日まで弾いていたピアノとなれば、売価金額は相当な金額になる可能性があるのです。程度の良いピアノならば、中古のピアノを探している人にとって、手に入れたいものとなるのです。高価で購入しようとする人がいるのです。ですから安く売却することはないのです。まずは査定をしてもらいましょう。ネットの一括査定などを利用してみるといいでしょう。かなり査定額は違う事に気づくことでしょう。実際に、ピアノ買い取り業者の間には、買い取り価格に差があります。それは売る力がある業者などは、かなり高く買ってくれるという事情があります。単に買い取りの業者だと、買い取ったピアノをその後更に販売業者に売ることになります。そうなると安く買われてしまいますから、どうしても高くしか買い取り出来ないのです。販売網を持つ買い取り業者となれば、一般の人に販売しますから、販売価格も高くなります。ですから自然と仕入れ価格、つまりは買い取り価格も高くなるのです。こんな事情があるのです。ですから、これからピアノを売ろうとする方は、ひとつの業者ではなく、複数の業者と折衝するようにすることが重要になるのです。業者により、かなり査定額に開きがありますから、高く買ってくれる業者を探す方が得になるのです。高く買ってくれる業者と低く見積もってくる業者の間に、時には20万円もの差があるケースもあるのです。ここは慎重に話を勧めたいところです。また、注意したいのは、実際の査定額というのは、どうしても下がるという点です。ネットなどでの査定額は、簡単な事柄だけで判断しています。現物を実際に見て、チェックしたならば、どうしても下がるのは仕方がないでしょう。

ピアノの売却はこのようにするのです。

ピアノの売却など一生で一度の経験ではないでしょうか。全く見当がつかないと言う人ばかり。それは当たり前でしょう。そこで、ピアノ売却の仕方、流れを説明しましょう。

 

ピアノを高く売る為に、必ずすべきことがあるのです。

 

まずは売る業者を決めます。ここが一番大事なところです。できれば良心的な優良な業者を選びたいものです。ピアノを売ったことのなる知人などに尋ねたり、ピアノを購入した楽器屋さん、または学校の音楽の先生などに聞いたりすると教えてくれるかもしれません。最近は、ネットに一括査定サイトもありますから、大いに利用しましょう。査定額が一番高いところは気になるでしょうが、だからと言って直ぐにその業者に決めてしまうのはいけません。査定額の他の費用も重要だからです。査定額が異常に高い業者は往々にして運搬費や出張費などの名目でかなり高額な費用を請求してくるケースがあるから注意してください。総合的にいくらで売却できるのかが一番重要なところです。悪徳業者もはびこっていますから十分に注意して業者選びをしてください。こうして売却する業者をきめたなら、今度は売るピアノのデータを準備します。
どこの業者からも必ず尋ねられるのが「製造メーカー」「製造番号」そして「ペダルの数」です。これは査定の際にも必要になります。ここで気を付けたいのは、こういった情報は、メーカーによってチェックの方法が異なるという点です。
機種番号や製造番号は、ピアノのフタを開けると分かるようになっています。製造メーカーに関しては、有名なメーカー、人気のあるメーカーであれば高価買取の対象になります。国内では「カワイ」であったり「ヤマハ」などがそうです。海外メーカーとしては「ベーゼンドルファー」や「スタインウェイ」などです。製造番号に関しては、その番号からピアノのグレードから製造年代、そしてモデルまでが判明しますから、重要なものと言えます。またペダルの数も査定に関わる重要なところです。こうして自分のピアノのデータが準備できたら、売却する業者に連絡します。ネットでの査定の場合もこれらの情報を入力することになります。査定額、費用などに納得できたならば契約します。買取契約書が業者から送られてきます。
これに必要事項を記入し、捺印します。

 

これにより契約が完了します。この時に運搬、売却の日にちを決めます。そうして予約した日にピアノ買取業者がやってきます。業者はピアノ運搬の専門のスタッフですから、全て任せて手伝ったりする必要はありません。ピアノが
玄関を通らないような場合など予め連絡しておけば、クレーンなどを用意して運搬してくれます。一番困るのが、当日になって、玄関から出ない、部屋から出ないというケースです。このようなことがないように、事前に業者との打ち合わせもしっかりと行っておくことも大事になります。こうして

 

ピアノ売却が完了すると、後日売却金額が指定口座に振り込まれます。
業者の中には、運び出す際にそのまま現金で支払ってくれるところもあります。支払い方法もあらかじめ確認しておきましょう。このようにしてピアノの売却は行われます。あなたがすることは、自分のピアノの情報を集めることくらいです。意外に簡単にできてしまうものなのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ