古いピアノを売却する時の注意点

長年使い古したピアノを処分しようとした時に、注意したいことがあります。

まずは、古いピアノには価値がほとんどないということです。だいたい購入して30年経ったピアノは価値はゼロと言われています。最近は多くの買取業者がいますが、価値がないピアノは売ることが出来ないので、対応してくれるところは少ないでしょう。中には、古いピアノでも売るルートを持っている業者ならば、買い取りもしてくれるようです。またピアノを修理して再販する会社もあります。しかし、そのような業者はほんの少しです。ですから、基本的に古いピアノは売却というのではなく、処分することになると思っていいでしょう。処分するに当たっては、粗大ごみですら有料の時代です。増してや相当重いピアノです。ある程度の処分費用は覚悟しましょう。運搬費もかかります。ピアノは購入する時には、そこまで考えていなかった、と言う人が多いのではないでしょうか。処分の仕方などは、楽器屋さんや、音楽の仲間などに聞いてみると、意外に良い方法を教えてくれるかも知れませんね。注意したいのは、どんなピアノでも買取しますという業者です。こんな宣伝文句で、近づいてきて、最初はそれなりに査定額を提示します。しかし、実際にピアノを見た後、あちこちケチをつけて査定額を下げ、終いには法外な引き取り料まで請求する悪徳業者がいるのです。注意してください。買ってから30年以上経ったピアノには価値が無いということを弁えて行動しましょう。そんなピアノでも欲しいという知人がいれば、あげてしまう。そんな方法が一番良いのでしょうね。

ピアノ買取の悪徳業者の手口を知ることで、騙されないようにしましょう

 

古いピアノを売却する時の注意点

 

ピアノを売却する時には、できるだけ高価で買い取ってくれる業者、または親身に対応してくれる業者に依頼したいものです。しかし、最近は、買い取り業者も増えてきて、その中には悪徳業者もいますから、気をつけなければいけません。買い取り業者はたくさんあります。その中でどの業者が悪徳なのか。始めはわからないものです。最初から悪徳とわかっていたならば、誰も騙されたりはしませんね。悪徳業者は、その手口も徐々に巧妙になってきています。ではどんな手口で騙しているのでしょうか。これからピアノを売却しようとしている人は是非参考にしてください。まず

 

悪徳なピアノ買取業者が使う手口として挙げられるのが、出張査定や見積もりに費用を請求してくるケースです。インターネットの、ピアノの買取査定は大抵無料で行えるものがほとんどです。
ほとんどの業者が「無料査定」と目立つ様なサイトにしていますね。ピアノの最終的な査定額は、最初に提示してもらった額とそんなに差がありません。それはピアノが車とは違い、そんなにキズがつくものではないという事情があります。ですから、業者は実際に現物を見ずに、そのまま買取するのです。メーかー、型番などで、ほぼ価値が解ってしまいます。それなのに悪徳業者は違います。「査定費」を発生させるのです。または、「出張査定費は宣伝通り、無料だけれども、交通費や人件費はかかります」といった具合です。それ以上に酷いケースでは、事前の査定額よりもかなり低い金額を提示して、これでピアノを売却してもらえないなら交通費を取りますというところもあります。こういったケースでは、事前に良く確認することが大事です。このような業者に当たらないように、十分用心して業者を探しましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ